なぜ夜の睡眠は重要なのか

寝る子は育つという言葉もあるように、夜しっかり寝ることは育ち盛りの子供にとっても、成長した大人にとっても大切なことです。 特に夜10時から午前2時までの間は、成長ホルモンが分泌されるため、睡眠のゴールデンタイムとも呼ばれています。 この時間に分泌される成長ホルモンには、子供の成長促進の他、大人にとっては老化防止の効果もあります。

またなぜ夜にぐっすりと眠ると健康によいかというと、気分を明るくして精神のバランスを整えてくれる脳の神経伝達物質であるセロトニンが関係してきます。 セロトニンは日中に脳から分泌される成分で、朝起きて日の光を浴びることにより作られ始めます。 最近多いうつ病などは、このセロトニンが不足しておこるなどという研究結果も見られるようです。

重要なのは、このセロトニンは夜に分泌されるメラトニンとセットになっているということです。 脳が夜になったと認識すると、セロトニンの分泌を抑えてメラトニンを作り始めます。 メラトニンは睡眠中の成長ホルモンの分泌を助ける働きも行います。 脳に日中と夜間をはっきりと認識させるためにも、夜はできるだけ決まった時間に睡眠をとり、朝起きたら太陽の光を浴びるように心がけたいですね。

▼健康維持に必須の健康食品に関する情報はコチラのサイトが便利です。▼
健康食品で毎日を健康に過ごそう!健康食品の口コミランキング