HOME > ベストな睡眠のリズム

ベストな睡眠のリズム

日頃どれくらい睡眠をとればいいのか気になるところですが、その長さは人それぞれです。 毎日8時間寝ると身体の調子がいい人もいれば、ショートスリーパーといって4時間ほどで十分な人などもいます。 寝すぎるとだるく感じたり身体の調子が悪くなることもありますので、自分にあった睡眠時間をとることが大切です。

朝どうも寝起きがすっきりしないという人は、寝ている間のノンレム睡眠とレム睡眠のリズムに気を付けてみるとよいでしょう。 ノンレム睡眠中は脳が休息している状態で深い眠りに入っていて、レム睡眠は脳が比較的活動状態にある状態です。 この二つはセットになっていて、平均して1セット90分くらいといわれています。

そのため、レム睡眠の状態になる、セットの終わり頃に起床するように心がければ、脳が起きている状態なのですっきり起きることができるというわけです。 就寝した時間から3時間後、4時間半後、6時間後などに目覚まし時計をセットするのが、理想的なリズムと言えますね。