HOME > 睡眠と体内時計

睡眠と体内時計

休みの日に遅くまで寝ていようと思っていても、仕事の日と同じ時間に目が覚めてしまったり、毎日の就寝時間になると何かをしていても眠くなってきたりすることがありますよね? これは人間は体内時計を持っていて、それにそって生活しているといってもよいでしょう。

人間の体内時計は1日25時間として動いているため、そのままにしておくとだんだんとずれてきてしまいます。 地球では1日が24時間で動いているのに不思議ですね。 そこでこの体内時計をリセットして24時間に合わせるためには、朝起きて太陽の光を浴びることが有効です。

睡眠中には成長ホルモンの分泌を助けるメラトニンが体内で分泌されていますが、朝の太陽の光を浴びることでこのメラトニンの分泌が抑えられ、体内時計を強制的にリセットすることができます。 夜眠くならずに就寝時間がだんだんと遅くにずれ込んでしまって、昼夜逆転してしまうとか、睡眠時間がバラバラで睡眠のリズムがうまく作れないという人は、まず朝太陽の光を浴びることを初めてみましょう。 調子が狂っていた体内時計をリセットしてあげることで、規則正しい睡眠リズムを取り戻すことができるでしょう。