HOME > 睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群について

よく寝ているつもりなのに、疲れがとれないとか昼間にとても眠くなるという人は「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。 男性に多いのですが、寝ている間にいびきをかいていてそのいびきがピタっと止まって、無呼吸になっている状態です。 疲れている時にいびきをかきやすいですし、いびきの途中で無呼吸になることはよくありますが、睡眠時無呼吸症候群と診断される場合は、10秒以上無呼吸が続いて、それが1時間に5回以上起こる時です。

無呼吸というと息をしていないようで恐ろしく感じますが、睡眠中に死んでしまうようなことはありません。 多くの場合は、気道が閉じた状態になっておこるので、苦しくなると無意識に寝がえりをうつなどして自分で気道をひろげるからです。 気道が閉じてしまう原因としては、肥満や下あごの形態などがあげられます。

睡眠時無呼吸症候群であると、眠りが浅い状態になってしまうため、日中に眠気を感じたり集中力が散漫になったりします。 治療によって改善が期待できるので、自覚がある人や家族が当てはまる人は専門医に相談してみましょう。