HOME > 睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の検査

家族に睡眠時無呼吸症候群の指摘をされたら、検査を受けてみましょう。 検査中は、終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)という器械を使って、眠っている間の眼球運動図や脳波、筋電図などを見ます。 寝ている間の様子を見るので、病院に泊っての検査になります。

検査中は、睡眠中の無呼吸の頻度や時間を調べるためにパルスオキシメータというセンサーを取り付けて、血液中の酸素濃度を調べます。 お腹や胸などにいろいろと機器を取り付けられるので不安になるかもしれませんが、取り付けてしまえば後は寝るだけなので大変なことはありません。 胃カメラなどの検査にくらべたら、痛みもなく非常に簡単な検査といえますね。

また、多くの病院は普段通り寝れるように、個室を用意してくれるところもあります。 睡眠時無呼吸症候群の検査自体は、朝目覚めたら終了なので、そのまま会社に行くこともでき、休む必要もありません。 検査結果は医師と臨床検査技師で見て、無呼吸の状態にあわせた治療方法を指示してくれます。