HOME > 睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群は自分で気付きにくい症状でありながら、高血圧や日中の眠気などを引き起こす厄介な病気ですが、正しい治療を行えば症状は改善できます。 治療を行ったら、日中の眠気が無くなった、朝すっきり起きれる様になった、仕事に集中できるなどの声も多くあります。

一番多く行われている治療方法は、睡眠時にCPAPというやわらかいマスクを鼻に装着する方法です。 このマスクにつながっている機械から、強制的に鼻から空気を送りこんで、狭くなっている気道を押し広げる方法です。 多くの睡眠時無呼吸症候群は、気道が閉じてしまうことから起こるので、このCPAPを使用した日からいびきや無呼吸が改善されたという人もいます。 健康保険がきき、病院でレンタルできることが多いです。

その他に無呼吸の頻度が少ない人などに使用されるのが、就寝時使用のマウスピースです。 オーダーメイドで作られ、下あごが少し前方に出るように固定されるので、気道が開きやすくなります。 出張先や旅先でも使用できるのがいいですね。